歯内療法

歯を抜かないために ~歯内療法~

虫歯が悪化すると、歯の神経が死んでしまい、そのままではその歯は抜かなくてはならなくなります。そこで、その歯を残すために行う神経の治療が「歯内療法」です。

根管治療の重要性

根管治療とは、死んでしまった神経を取り除き、神経が通っていた根管の中をきれいに洗浄して薬剤を詰める治療です。この治療がきちんと行えていないと、その上にいくらきれいな被せ物をしても、その歯は長持ちさせることはできません。最悪の場合、抜歯や再治療を余儀なくされることもあります。そのため、根管治療は「歯の基礎工事」と呼ばれるほど、とても繊細で重要な治療なのです。

田中歯科医院の根管治療

歯を失うことになってしまった場合、インプラントや入れ歯などの機能を回復する治療がありますが、ご自身の歯をできるだけ長く使えることがいちばん。当院では、1回の治療できちんと成果を出すために、さまざまな検査によって治療に必要な患部の詳細なデータを得た上で、精密な治療を行っています。

根管はとても複雑な構造をしているため、通常の場合、肉眼での確認は難しくなります。当院では根管治療にマイクロスコープを導入しており、細かい部分を拡大してきちんと確認しながら、丁寧に治療を進めていますので、ご安心ください。

歯根端切除術

通常の根管治療の場合、取りきれない汚れが歯根の先に残ってしまうことがあります。そういったときに行うのが「歯根端切除術」。歯根端切除術とは、ばい菌に冒された歯根の先を切除し、歯根のきれいな部分だけを残す治療です。どの部位でも必ず行える手術ではありませんが、これによって歯を残す可能性が広がります。

~途中で通院をやめないで~

群馬県太田市|診療予約|医療法人社団 聖医会 田中歯科医院

ページ上部へ戻る